読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話題になってるおしゃれブロガーのサービスがめっちゃすごい

 

 

こんにちは。

会社用のセーター、いいの欲しいなぁと思いながらユニクロ2着しか持たずに2月下旬を迎えています。どんなの買えばユニクロより断然長持ちして良い見た目なのかわからんもんな。

 

さて、「今日はヒトデ祭りだぞ!」のこの記事で、ちょっと感動しました。

服の買い物同行サービス、とは言うものの、クオリティがすごすぎ。

 

www.hitode-festival.com

 

何がすごいかって、やっぱり記事の途中にあるお店リストだと思います。

タイトシルエットならシャリーフ、とか・・・

こういう「服どこで買えばいいの?」情報ってめっちゃ貴重だと思うんですよね。

 

 

高校生まで、イオンとユニクロとライトオンしか服の選択肢がないような田舎に住んでいて、クソダサい服で大学に入ってさあどうしようと悩んでいた頃が思い出されます。

だって、周りがおしゃれで自分がヤバいなと思っても、どこに買いに行けばいいかなんて全然わからないじゃないですか。

しかも適当に駅前の服屋さん見て「高!」てなって終わる。ちょっといいなと思っても、ほんとに高い価値があるのか全然感触がないから、買えない。自分から周りに、どこで買ってるの?店どこにあるの??とか聞いたらちょっと鬱陶しいし。

 

高校からの友達が具体的にお店を教えてくれてやっと買えました。

「とりあえずあそこのWHO's WHOで買ってみろ」

「Chaopanicって知ってる?」

無印良品でもいいかもな」

その後、Who's Whoに行って、「服とかよくわからないんですけど・・・」とか言いながら上下+アクセサリーひとつを店員さんに紹介してもらいました。夏服なのに1万5000円、バイトは少しだけだったのでこれでも痛かったですが、ここで買ってみれば踏みだせるような安心感があるから買える、何せ服をいろいろ買ってる友達が言う店ですから。

 

 

この時と同じように、さっきのブログにかいてあるブランドリスト、

めちゃめちゃ参考にしてしまいそうです。

お金払ってないのに、本当にいいのかな・・・

 

 

てゆか、田舎から神奈川にきて店の充実ぐらいにビビりながらも

結局行けずにユニクロと無印とアーバンリサーチぐらいしか見ないので、ぜひ頼んでみたいです。(でも記事のおかげで大人気になってるかな、今頃)