いまさら気づいた鈍感

僕は小さい頃から悪い意味で変なやつだったと思う。
小学校のときに読んだ本は、父が家に置いていた、エリヤフ・ゴールドラットの生産マネジメント本、ザゴール。経済のニュースが面白いほどわかる本。
 
だいぶ古いが今でもいい本だと思う。関連書籍のところにある2つも読んだ。
たぶん5回ずつぐらい読んだ。中学生までで。
くまちゃんの絵と、バブルで一喜一憂するワルパンダはめっちゃ可愛い。
 
 
このせいか数字とお金が大好きになった。
それほど優秀でもないけど、理系の科目やら会計やらファイナンスの勉強をするには向いていたと思う。
でも、友達付き合いが下手、マンガも小説も読まない。相手の気持ちを考えようとしたことがない。
 
よくよく考えたら、高校でも大学でも、本当に空気も読めないし、相手の気持ちも考えないし、ヘンだった(こんな自分と仲良くしてくれた友達には感謝しかない)。
ついでに国語の心情読み取りとかも死ぬほど苦手だった。
 
 
こんな状態から、矯正しようとしたら
・人にしてもらったことはメモしておいて忘れない
・毎日日記を書いて、今日あの人にどう思われたか?もっとこうしてあげるべきだったんじゃないか?を反省する
とか、地道にやっていくしかないのかな。頑張ろう。
 
 
ああ、フラれた〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
以上です。